ファイルシステムの変換方法

この記事では、Raspbian for FA のセットアップを進める中で、ファイルシステムを ext4 から Btrfs に変換する必要最低限の手順を紹介します。

作業環境を用意する

ファイルシステムの変換には GParted 1.0.0-5 の利用を推奨します。他の環境を利用する場合、カーネルのバージョンによっては btrfs-convert コマンドが使えなかったり、動作が違ったりする場合もありますので、注意してください。

GParted 1.0.0-5
https://sourceforge.net/projects/gparted/files/gparted-live-stable/1.0.0-5/

ファイルシステム変換手順

  1. 作業環境の端末に microSD カードを接続して、GParted を起動してください。
  2. 変換対象となる ext4 パーティションを確認しておきます。
    例: /dev/sda2
  3. GParted のウインドウを最小化して、デスクトップにある「Terminal」を起動します。
  4. btrfs-convert コマンドでファイルシステムを変換します。
    $ sudo btrfs-convert /dev/sda2
  5. GParted のウインドウを開き「Rdfresh Device (Ctrl + R)」を実行してください。
    パーティションが Btrfs になっていることを確認できます。

参考資料

Raspbian for FA
https://さきラボ.jp/fapp/raspi/raspbian-for-fa/

Conversion from Ext3
https://btrfs.wiki.kernel.org/index.php/Conversion_from_Ext3

この記事の投稿者

崎 洋佑
崎 洋佑
さきラボの代表取締役。自称プログラマーもどき。
開発でよく使う言語は日本語。
IT技術よりも人が好きな、天然物のエンジニアです。