FA++ は、FA (Factory Automation) と IT (Information Technology) の技術を自在に組み合わせて現実的な「インダストリー 4.0」を提案する、大工場の生産ラインでも実績のある情報化ソリューションです。

Raspbian for FA

シャットダウンせずに電源を切っても、長期間運用しても壊れない。「Raspbian for FA」は FA 環境向けに構築された Raspbian です。

詳しくはこちら

生産ライン情報化

設備の LAN を設定そのままに統合して生産ラインをネットワーク化する「工場向け Ethernet」と、簡単な設定で設備間の情報交換を実現する「通信さんEX」により、情報によって動く生産ラインを実現します。

詳しくはこちら

FAサイネージシステム

「通信さんEX」の Web API 機能と、長期安定動作の「Raspbian for FA」を組み合わせて、Web の技術で「作業のための見やすい大画面」を実現するソリューションです。半透明、高品質なフォント、JavaScript など、従来のタッチパネルや SCADA では不可能だった表現が可能です。

詳しくはこちら

導入実績

さきラボの FA++ は、大工場の生産ラインで何年もの実績 (*1) があります。特に以下のような技術に関しては、複数の生産ラインで実績があります。

  • FA系のネットワーク構築 (各社 PLC の設定を含む)
  • IT系のネットワーク構築 (VLAN 構築、無線LANの最適化などを含む)
  • PLC ラダーによる制御ソフト開発
  • タッチパネルや SCADA による画面作成
  • パソコン、スマホ、タブレットのアプリ開発
  • Web系のシステム開発
  • Raspberry Pi を利用したシステム開発
  • 映像伝送システム構築

(*1) 株式会社さきラボ設立以前を含めて15年以上の実績があります。