柔軟なソフト開発ができます  

「ラダーが書ける」というのと「FA のソフト開発ができる」というのは、少し違います。さきラボでは「接点」や「コイル」といった基本的な考え方による FA のソフト開発ができます。

工場では20年前の設備も珍しくありません。何度も改修を繰り返された設備のソフトは、必ずしも読みやすい状態とは限りませんが、さきラボでは特に問題なく対応できます。殆ど資料がなくても対応できます。

「立ち上がり」「セット」「リセット」などの命令を利用して、IT 的な考え方でラダーを書くこともできます。現場の文化に合わせて、現場で運用しやすいソフトを書くことができます。

安全を作る

工場の設備や生産ラインは、動かし方を間違えると人が怪我をしたり、最悪の場合は人命に関わることもあります。人が操作を間違えたりミスをしたりした時に、設備やラインが安全に止まるというのは、制御ソフトの重要な機能の一つです。

巷には、制御の本質を理解せず「止まらないソフト」を作ろうとする人もいますが、止まらないシステムは危険です。もし「走る!曲がる!止まらない!」という車があったら、それは暴走車両です。制御するということは、暴走しないようにするということです。

さきラボでは、柔軟に動作し、安全に止まるソフトの開発を得意としています。

タッチパネル、タブレット、パソコンとの連携

設備や生産ラインの設定を変更する方法は様々です。さきラボでは、FA で一般的に利用されているタッチパネルのほか、Excel や Web を組み合わせたシステム開発の実績もあります。

パソコンやスマートフォン向けに専用のアプリを作ることも可能です。

ST言語

ST言語によるソフト開発も可能です。

IF X0 AND NOT M0 THEN
    Y0 := NOT Y0;
END_IF;
M0 := X0;

ソフトも、ハードも、ネットワークも

さきラボでは PLC に限らず、様々なソフトウェアを開発することができます。また、ソフトウェアに限らず、生産ラインや工場全体のネットワーク構築、小さなものであればハードウェアの開発にも対応しています。

様々な技術を組み合わせることで、様々な課題をワンストップで解決できます。どんな課題でも、まずは一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら