さきラボでは、チームワークよりも個人の能力を重視することで、新しい価値を生み出す仕事を実践しています。

チームではできないこと

日本では、零細企業から大企業まで、大多数の会社が「チームで仕事をする」という働き方を採用しています。それは、新しい価値を生み出すことができない仕事のやり方です。

  • ヒトには、群れで生きる動物としての本能があります。
  • チームで仕事をする会社には、群れとしての性質があります。
  • 群れの中にいると、ヒトは、本人の意図とは無関係に集団行動をします。
  • 集団行動をすると、ヒトの個人的な能力が強く抑制されます。

ヒトが集団行動をする時の振る舞いについては、心理学や社会学の実験で古くから確認されています。「傍観者効果」「リンゲルマン効果」「アッシュの同調実験」などが有名なところでしょうか。

新しい価値を生み出すためには新しい発想が必要です。発想は個人的な能力なので、集団行動により強く抑制されてしまいます。集団行動をする限り、個人の発想力を十全に発揮することはできないのです。

集団行動を避ける

新しい価値を生み出すため、個人の能力を引き出すために、さきラボでは、以下のような考え方により「集団行動ではない働き方」を実践しています。

  • 集団で行動することを避ける → 分業しない開発体制
  • 群れとしての性質を抑える → 柔軟な勤務体制

分業しないというのは、できる限り一人で何でもやるということです。さきラボの開発者は、営業や事務についても主体的に進めることができます。一人で対応できる仕事の範囲が広いので、集団行動をしなくても仕事を進めることができます。

ただ、分業をしないだけでは集団行動を避けることができません。開発者一人一人が別の仕事をしていても「面識のある人がいつも同じ空間にいる」とか「自分の時間や場所が他の誰かと同じように管理されている」などの条件があれば、ヒトはそこに集団を感じて、集団行動をしてしまいます。

さきラボでは、労働基準法ギリギリの柔軟な勤務体制により「いつ誰がどこで仕事をしているのかよく分からない」状況を作ることで、集団行動にならない働き方を実現しています。

通勤時間を制限する

新しい価値を生み出す仕事に取り組む上では、思いがけない発見や成果、失敗もあります。その全てに一人で対応するというのは、現実的ではありません。

組織の力も必要です。そのためには、普段は集団行動をしていないメンバーが「何かあった時だけチームとして動く」体制を作る必要があります。この時に無視できないのが通勤時間です。例えば、通勤時間が20分程度であれば、「ちょっと行き詰まってるんだよね…」という話から「それなら私が今から見に行くよ」という感じの動きが、自然と出てきます。お客さまが突然来社された場合にも30分程度ならお待ちいただけることが多く、そこで次の話が決まることも珍しくありません。

さきラボの仕事は予測が困難で、変化も早いため、「今から」という動きはとても重要です。通勤時間の差が、仕事の成果に大きく影響します。さきラボの実績では、通勤時間30分程度で「今から」の対応が難しくなり、60分ではほぼ不可能になることが分かっています。非言語のコミュニケーションも重要で、ハードウェア開発の仕事もあるため、テレワークにすることもできません。

成果に差が出るからと言って、通勤時間で給与を大きく変えることはできません。そのため、さきラボでは通勤時間を制限しています。

規模の拡大はできない

個人の能力を引き出す働き方は、規模を拡大できません。

技術力が同じくらいの開発者が3人居た場合、さきラボでは、一人一人が違う働き方で違う仕事をすることになります。一人一人が独自の能力を伸ばし、誰かが誰かの代わりになることはできなくなります。一人一人の能力が違えば、営業も経営も難しくなります。人材育成においては、一人一人に合わせた働き方から作ることになります。同時に何人も採用することはできません。

さらに、通勤時間の制限が求人を難しくしています。単純計算では、120分の通勤範囲を 100% とした場合、さきラボの仕事に対応できる45分の通勤範囲は面積比で 13.6% になります。その上、ユニークな働き方やルールを理解できる人は多くありません。

規模を拡大する以前に、採用するだけでも難しい。これが、個人の能力を引き出す働き方の現実です。

さきラボの場合、年に採用できる人数は1人~2人、会社の規模は最大で10人未満を想定しています。

それでも、作りたい

ここまで読んでいただけたら、新しい価値を生み出す仕事を実践することが簡単ではないこと、ご理解いただけたのではないかと思います。だとしたら、そろそろ気になっているのではないでしょうか。

「なぜそんな大変な仕事をしているの?」

答えは簡単、他では作れないものを作りたいからです。それに、どうせ作るなら、人と社会をより良くするものを作りたいとも考えています。逆に言うと、誰が作っても同じものや、人の助けにならないものを作るのに、人生を消費したくないのです。そんな、技術者として当たり前の感覚が通用する会社が、東京にも1社くらいあっていいと思いませんか?

さきラボは、一人一人が自分らしい働き方を実践できるとか、一人一人が開発の主役になれるとか、面白い仕事を選べるとか、そういうことを本気で追求している会社です。

結果は数年後に

2024年1月現在、さきラボでは、この記事に書かれていることを実践する体制作りのため、全力で求人に取り組んでいます。3年後に5人くらいの会社になっていたら大成功、3人くらいでも悪くない結果だと考えています。

数年後の結果をお楽しみに。

もしあなたが30歳未満のエンジニア未経験者で、技術者として成長したいと考えていたら、さきラボで働くことを検討してみてください。さきラボでは、通勤時間の制限に対応するための引っ越し手当も用意して、一緒に働く仲間を募集しています。