「Raspbian for FA」は Raspbian を FA 用途向けに最適化したものです。

シャットダウン操作不要

Btrfs と、いくつかの要件を満たす microSD カードとの組み合わせにより、シャットダウン操作をしなくてもファイルシステムが壊れることのないセットアップが可能です。

普通に使える

Raspbian for FA のファイルシステムはリードオンリーではありません。Raspbian 向けに作られたアプリケーションは、基本的にそのまま動作します。

安定動作を実現

ファイルシステムの設定以外にも、ネットワークエラーから早く回復したり、致命的エラーでは自動的に再起動したり、安定して動き続けるために細かいところまで調整されています。

主な設定内容

普通の RaspbianRaspbian for FA
ファイルシステムext4Btrfs
I/OスケジューラDeadlineCFQ
Locale en_GB.UTF-8 C
ウォッチドッグ
致命的エラー発生時の再起動
TCP再送タイムアウト15分以上約100秒
無線LAN省エネ制御無効化
I2C 通信速度安定化
スワップファイル無効化
.xsession-errors 無効化

利用方法

Raspbian for FA は、セットアップスクリプトを公開しています。
https://sakilabo.jp/fapp/raspi-setup-fa.sh

  1. Raspberry Pi を用意してください。
    Raspbian for FA は Raspberry Pi 2 B / 3 B / 3 B+ で動作を確認しています。
  2. microSD カードを用意してください。
    推奨品は SanDisk SDSDQAF3 (XI) です。 → Mouser で検索
  3. microSD カードに、2019年4月8日リリースの Raspbian Stretch Lite を書き込んでください。
    - https://downloads.raspberrypi.org/raspbian_lite/images/raspbian_lite-2019-04-09/
    イメージの書き込みには balenaEtcher を利用すると、zip ファイルをそのまま書き込みできるので便利です。
  4. Raspberry Pi を起動し、ログインしてください。
  5. 任意のディレクトリでセットアップスクリプトをダウンロードしてください。ダウンロードしたスクリプトには実行権限を設定しておきます。
    $ curl -O https://sakilabo.jp/fapp/raspi-setup-fa.sh
    $ chmod a+x raspi-setup-fa.sh
  6. セットアップスクリプトを実行してください。
    セットアップには3つの動作モードが用意されています。
    - International: $ sudo ./raspi-setup-fa.sh
    - Japanese: $ sudo ./raspi-setup-fa.sh jp
    - Sakilabo: $ sudo ./raspi-setup-fa.sh sakilabo

セットアップは以下の流れで進行します。

セットアップスクリプトを実行
 ↓
セットアップのメッセージに従って再起動
 ↓
セットアップスクリプトを実行
 ↓
セットアップのメッセージに従って電源OFF
 ↓
ファイルシステム変換 → ファイルシステムの変換方法
 ↓
起動、セットアップスクリプトを実行
 ↓
セットアップ完了

制限事項

  • Btrfs はスワップファイルに対応していません。仮想メモリが必要な場合は swap パーティションを作成する必要があります。
  • ext4 の拡張属性を対象とした処理 (chattr コマンドなど) は動作しません。