12月連続記事企画、今日は10日ですが記事は8個目です。慌てずにいきましょう。

2日目の記事にも書いたとおり、私は初めての Web 表示器を Android で作りました。

今日は「なぜアプリを作ったのか」というところを書いてみたいと思います。

ページを表示できません

昨日までの記事に書いたような JavaScript によるエラー処理は、ページが正しく取得できた場合にしか動きません。そもそもページを表示できなかった時は…

  • サーバーが見つかりません
  • サーバーに接続できません
  • ページが見つかりません
  • Internal Server Error

ページを表示できなかった時は、エラー画面が表示されます、そして、リロードするまで何も起きません。

エラーからの回復

夜中にエラーで呼び出されないためにも、障害や故障への対応はしっかりしておきたいところです。「リロードすればいい」と言う人もいますが、ユーザーを助けるための表示器がユーザーの手を煩わせてしまうというのは本末転倒です。

障害が発生したら適切に動作を停止し、障害がなくなったら自動的に動作を再開する。工場で実際に使える表示器を作る上では最低限の要件です。この要件をクリアするために、Android ではアプリを作る必要がありました。

表示器アプリの機能

Android 版の Web 表示器アプリには、以下のような機能を実装していました。

  • 通信エラー発生時に独自のエラー画面を表示
  • 通信エラー状態から自動的に回復
  • 電源を入れたら自動的に起動
  • ロック状態でも画面を表示
  • 表示器アプリを常に最前面に表示
  • 滑らかにページを切り替え など

次の記事では、Android アプリで通信エラーを処理する方法について書いてみたいと思います。

この記事の投稿者

崎 洋佑
崎 洋佑
さきラボ代表の崎 (さき) です。主に経営、営業、開発を担当しています。
コンピューターよりも人が好きです。よく使う言語は日本語。プログラマーもどきです。